たった1日で彼女が出来た!
滝川愛美の復縁メール術〜彼に『もう一度』と言わせるテクニック〜

馬場俊英 プロフィール

馬場俊英 プロフィール

■1967年3月20日生 埼玉県 魚座 B型

“ロードムービーのように情景を描き、青春映画のように心情を紡ぐ”

1996年、フォーライフよりソロ・デビュー。フォーライフから3枚のアルバムと7枚のシングルをリリース。 4th Single『センチメンタルシティ マラソン』は、数々のテレビ番組のテーマソング、FM802など多数のFM局のヘビー・ローテーション/パワープレイに。 5th Single『愛する』もまた全国で多くのパワープレイに選出された。

2001年、馬場俊英が自ら主宰するインディペンデント・レーベル「Up On The Roof Records」(アップ・オン・ザ・ルーフ・レコーズ)を設立。 4作目のアルバムとなる『フクロウの唄』以降ますますその音楽の純度を高め、続いて2002年、5th Album『鴨川』、2004年に6thAlbum『blue coffee』をリリース。 FM802を中心にFM各局で反響を受け話題となり、コブクロがアルバムでカバーした「ボーイズ・オン・ザ・ラン」は『鴨川』から生まれた。

2005年2月23日シングル『今日も君が好き』をリリース。関西地区を中心にライブの動員やCDセールスを急激に伸ばすとともに、作詞作曲家としても精力的に活動。佐藤聖子/森口博子/椎名法子/STEEL/ボブ・サップ/A・cappellers/織田裕二/時任三郎など他アーティストに楽曲を提供する。

近いところでは、テレビ朝日系「内村プロデュース」のユニットNO PLANに、馬場俊英とTOKYO FM「ACCES ALL AREA」のコラボレートで生まれた楽曲「人生という名の列車」 (Produced by おちまさと)をNO PLAN VERSIONで楽曲提供。この出会いがきっかけとなり、内村光良(ウッチャン)初監督の映画「ピーナッツ」の主題歌「君の中の少年」を楽曲提供。

2005年8月3日、4曲入りマキシシングル「BOYS ON THE RUN 4 SONGS」でメジャー再始動。 2006年2月22日、4曲入りセカンドマキシシングル「一瞬のトワイライト/旅人たちのうた」をリリース。 2006年4月12日、メジャー再始動後初のアルバム「人生という名の列車」をリリース。収録曲「ボーイズ・オン・ザ・ラン」はTBS系TV『サンデージャポン』エンディングテーマに、「君の中の少年」は内村光良監督映画『ピーナッツ』の主題歌として使用。その中でも特に「スタートライン」 は 2005年朝日放送・テレビ朝日系『熱闘甲子園』挿入歌として使用され全国的に大いに話題となった。

また、アルバムリリースを受けてライブ活動も精力的に行う。 2006年4月12日、13日大阪なんばハッチ2DAYS、2006年6月24日、25日大阪厚生年金芸術ホール2DAYSでは、チケットが全て即日完売となり大きな話題となる。

2006年5月〜6月、9月〜11月にかけてはアコースティック・ライブツアー全19公演を全国で実施。各地でチケットが即日完売し、好評を得る。またこの年は、「HIGHER GROUND 2006」(福岡)、「SOUND MARINA 2006」(広島)、「風に吹かれて2006」(大阪)など多くの大型野外夏フェスに参加し、知名度を一気に拡大。そのパフォーマンスが各地区で大きな反響を呼ぶ。

2006年11月29日、待望の両A面サードマキシシングル「ただ君を待つ/ブルーバード〜僕は夢の影のように」をリリース。 12月にはZEPP NAGOYA、渋谷O-EAST、大阪フェスティバルホールでのライブツアーを実施。各地でチケットが即日完売!

2007年4月25日、トリプルリードシングル「君はレースの途中のランナー/小さな頃のように/働楽〜ドウラク」をリリース。また同月、福岡、広島をはじめ品川ステラボール、名古屋ZEPP、そして念願の大阪野外音楽堂での単独ライブ「野音でピース!」を実施。

2007年7月25日(水)シングル「スタートライン 4 SONGS」をリリース。オリコンウィークリーチャートで初登場20位を記録し、大いに話題となる。また同年6月からは岡山を皮切りにアコーステックサーキットを、また7月からは神戸国際ホールを皮切りにバンドツアー“LIVE2007〜新しい風”を実施。チケットは各地で即日完売し大成功をおさめた。

2007年9月19日(水)にはニューアルバム「青春映画が好きだった」をリリース予定。 12月には全国ホールツアー「LIVE TOUR 2007〜青春映画が好きだった〜」 を敢行。