たった1日で彼女が出来た!
滝川愛美の復縁メール術〜彼に『もう一度』と言わせるテクニック〜

馬場俊英 インタビュー

馬場俊英 インタビュー1


馬場俊英 インタビュー1

一度はメジャー・デビューを果たすも、思うような成績を残せず、レコード会社との契約が終了。しかし音楽で生きていくことが諦められず、インディーズで孤軍奮闘。そのピュアさ、タフネスさが反映された音楽性が支持を集め、再びメジャー・シーンに戻ってきた―まるでドラマのような経歴を、馬場俊英はおくってきた。そんな彼がリリースする『スタートライン 4 SONGS』は、“いま”を生きる人間の喜怒哀楽と、いっぺんの曇りもない希望が詰め込まれているのだ。


今、また新たに歩き始めるんだっていう想いから、もう一度唄ってみたいと思った



MSN:ニュー・シングル『スタートライン 4 SONGS』の表題曲「スタートライン〜新しい風」は、以前発表された作品のリメイクですが、どういった経緯で今一度出すことになったんですか?

馬場俊英:そうですね…僕にとってこの「スタートライン」という曲は、これまでの活動の中で何度も自分に言い聞かせたり、あるいは新たな目標に向かって頑張ろうっていう時の支えになった楽曲なんですね。で今年の4月に、「野音でピース」っていうライブ(大阪野外音楽堂での単独公演)を開催したんですけど、僕とっては念願のライブだったものですから、そこで何かがひと区切りついたような感じがあったんです。なので今、また新たに歩き始めるんだっていう想いから、もう一度唄ってみたいと思ったのがひとつ。あと、ライブで何度も演っているうちに、作った頃とはまた違う感じで唄うようになっていたので、その感じでも一回残してみたいっていうのがあったんですよね。

MSN:今回は、コブクロの小渕健太郎さんをサウンド・プロデュースに迎え、ストリングスを導入した壮大に作りになっていますね。

馬場俊英:どうせ演るなら、いろいろな部分に今回改めて演る理由づけというか、ストーリーが欲しいねって話をして。じゃあ近年交流のあるミュージシャンとセッションしてみようということになり、すぐに思いついて一番交流が深かった小渕クンに声をかけさせてもらいました。忙しいスケジュールの中、2日間時間を合わせてくれたんですけど、とにかく熱心にアイディアを出してくれて。朝方まで一緒に作業してくれました。

MSN:前のバージョンと聴き比べてみて、どんな感想を持たれました?

馬場俊英:歌詞とメロディが同じな分、周辺のものが浮かび上がってくるっていうか。やっぱりたずさわる人とか状況において、まったく違うものになるんだなって思いましたね。それは受け取るリスナーも同じで、聴く人それぞれが好きに受けとめられる曲だなっていうのを、改めて思いました。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83268211
この記事へのトラックバック
馬場俊英 / ファイティングポーズの詩
馬場俊英 / ファイティングポーズの詩 ファイティングポーズの詩(DVD付き限定盤)(2009/06/10)馬場俊英商品詳細を見る テレビ朝日系・金曜ナイトド...
ブログ名うはw嫁さんちょwww